マイホーム計画時に、押さえておきたいお金のお話です!

「老後の生活資金準備で、考えておくこととは?」

「老後の生活資金準備で、考えておくこととは?」

■ 「老後の生活資金準備で、考えておくこととは?」

ファイナンシャルプランナー(FP)の田村です(*^^)v。

おはようございます晴れ

昨日の、前田健太選手(広島)のノーヒットノーラン野球、すごかったですね~。

能見選手(阪神)の2安打完封が、かすんでしまいました(^_^;)。

ただ、さすが関西。

スポーツ紙の一面は、すべて能見選手の完封。

阪神人気、あいかわらずスゴイです。

ほとんど話題になりませんでしたが、個人的には、斎藤佑樹選手(日本ハム)の2勝目が、結構うれしかったです。

では、今日のテーマ、 「老後の生活資金準備で、考えておくこととは?」です。

いきなりですが、質問です。

あなたの家で、もし今の収入が半分以下になったら、どうなりますか?

まぁ、なかなか想像できないですよね~。

ですが、ぜひ一度、イメージしてみて下さい。

というのは、これは、非現実的な話ではないから。

あなたの家に、ほぼ間違いなく降りかかってくる現実だからです。

「はっ!?」ですよね~。

少し、解説させていただきます。

これは、先日、お客様のところで、実際にあった話です。

ただし、事故や、病気、失業で収入が半減したわけではありません。

将来のシュミレーションの中での話です。

お客様とのご相談の中で、将来の公的年金受給額を計算させていただきました。

お客様の手元に送られてきた「年金定期便」から、受給額を算出。

その結果・・・・。

「老後の生活資金準備で、考えておくこととは?」

・今の世帯収入:

約630万円

・将来の公的年金受給(予定)額(ご夫婦分):

約296万円

つまり、収入が半分以下になります。

この世帯は、比較的公的年金受給額の手厚いと言われている公務員さんです。

年金保険料の未納期間もありません。

また、このシュミレーションは、現在の年金制度を前提に、計算されています。

なので、実際の受給額は、減ることはあっても、増えることはないでしょう。

いかがですか?

これが、現実です。

このご家族だけに、当てはまる、特殊な事情ではありません。

あなたの家で、もし今の収入が半分以下になったら、どうなりますか?

この質問に、「全然問題ない」と答えられなかった、あなた。

今からなら、まだ大丈夫。

ぜひ、「今」から準備を始めて下さい。

①「今」すぐ、「小さく」始める。
②自動的に継続できる仕組みを利用する。

あなたにピッタリあった、準備方法を知りたい人は、お気軽にご相談ください。

ご相談のお申込は、コチラからです!!!。

さぁ、週末です。

明日は、仕事を休んで、花見桜に行ってきます!(^^)!。

今日も、1日、思いっきり楽しんで行きましょう!!

ご意見、ご質問、お問い合わせ、お待ちしております。

お問い合わせはコチラ!!!

fileブログパーツhttp://www.ziyu.net/

実際にご相談いただいた人の感想はコチラ!!!
「お客様の声」の記事一覧

どうやって相談したらいいのかは、分からない場合はコチラ!
「ご相談の流れ」

まずは、無料相談を利用しましょう!!
「初回(無料)相談」について

powered by HAIK 7.1.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional