マイホーム計画時に、押さえておきたいお金のお話です!

「貯蓄は、何のために?いくらくらいしたらイイの?」

「貯蓄は、何のために?いくらくらいしたらイイの?」

■「貯蓄は、何のために?いくらくらいしたらイイの?」

ファイナンシャルプランナー(FP)の田村です(*^^)v。

おはようございますニコニコ

淡路島は、今日は曇りくもりです。

昨日、読んだ本が、結構、家計を考える上で、参考になったので、ご紹介します。

読んだ本は、コチラ。

↓↓↓↓

a href="http://click.affiliate.ameba.jp/affiliate.do?affiliateId=20603399" alt0="BlogAffiliate" target="_blank" rel="nofollow">
/ecx.images-amazon.com/images/I/41maJag9fnL._SL160_.jpg</a>
『あなたの「お金を見える化」しなさい』 竹川美奈子著

これを、読んで実践できれば、ファイナンシャルプランナー(FP)がいらないくらい、しっかり書かれていました。

FPの仕事を奪う、ファイナンシャルプランナー(FP)泣かせの1冊です。

では、本日のテーマです。

「貯蓄は、何のために?いくらくらいしたらイイの?」です。

先日ご相談頂いたI様からのご質問です。

I様は、賃貸にお住まいの20代後半のご夫婦。

1歳になる女の子がいる3人家族です。

子供が小学校に上がるまでにマイホームを建てたい、ということでご相談頂きました。

I様は、貯蓄は、少しづつですが、頑張ってされていました。

だけど、マイホームを建てるのに、いくらくらい頭金がいるのか?

マイホーム以外にいくらくらい、どんなお金が必要なのか?

少し、パニックになっていました。

今、奥様が子育てに専念しているため、ご主人のみの収入。

頑張って節約は、されています。

でも、なかなか貯蓄に廻らない。

そこでいただいた質問でした。

そこで、お願いしたことは、2つ。

・費用が必要になると思われる項目を書き出す(例:教育費、マイホーム費等)
・各項目に必要な金額を書き出す

この2つだけです。

つまり、不安に思っていることを単純に書き出して、明確にすること。

これが、できるだけで、不安の8~9割は、払拭できます。

早速、I様ご夫妻に、この作業をしていただきました。

ですが、ご夫婦2人だけでは、なかなか全ての項目を網羅し、金額を産めることは難しいみたい。

そこで、ファイナンシャルプランナー(FP)として、サポートをさせていただきました。

これで、ひとまずお悩み、解決です。

あとは、具体的に、必要な費用に対して、どう準備するのか、を考え、実行するだけ。

いま、お金のことで、お悩みや、不安を感じている人は、上記の2つの作業をぜひしてみて下さい。

きっと、不安が解消されますよ。

サポートが必要な人は、いつでも、お気軽にご相談くださいね。

ではでは、本日もアップアップアップ楽しんで行きましょう

ご意見、ご質問、お問い合わせ、お待ちしております。

お問い合わせはコチラ!!!

fileブログパーツhttp://www.ziyu.net/

実際にご相談いただいた人の感想はコチラ!!!
「お客様の声」の記事一覧

どうやって相談したらいいのかは、分からない場合はコチラ!
「ご相談の流れ」

まずは、無料相談を利用しましょう!!
「初回(無料)相談」について

powered by HAIK 7.1.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional