マイホーム計画時に、押さえておきたいお金のお話です!

「住宅ローンと生命保険の関係とは?」

「住宅ローンと生命保険の関係とは?」

■「住宅ローンと生命保険の関係とは?」


ファイナンシャルプランナー(FP)の田村です(*^^)v。

急に涼しさが増してきましたね~(^_^;)。

先日、花粉症がひどい、と書きました。

その延長なのか、少し、風邪っぽい症状も出ています。

微熱、微頭痛(←こんな言葉ある?)。

ですが、やることいっぱい。

負けてられない。

ありがたい話です!(^^)!。


では、今日のテーマです。

「住宅ローンと生命保険の関係とは?」です。

マイホームをお考えのお客様からのご相談を受ける時に、必ず生命保険のお話をします。

お客様の中には、「えっ、生命保険?」という反応を示される人がいます。

私的には、この瞬間は、結構快感です(*^^)v。


お客様からすると、「マイホームの話なのに、なんで生命保険なの?」ということです。

ですが、やっぱりきちんとした理由があるんですね~。


ポイントは2つ。

一つ目は、ご存知の人の多いと思います。

住宅ローンを借り入れる際には、団体信用生命保険という生命保険に加入します。

住宅ローン返済中に、借主に万が一のことがあった場合に、その生命保険金で、ローンを完済するためのものです。

そのため、それ以前に生命保険に加入している人の場合は、保障が過重になる場合があります。

つまり、これまでの加入していた保険の保障と、団体信用生命保険の保障が重複してしまう。

その部分にムダが生じるわけです。

なので、マイホームを検討する際には、生命保険の保障内容も再度、確認する必要がある、ということです。


ポイントの2つ目。

それは、団体信用生命保険の保障の重複以外にも、既加入の保険にムダがある場合が多い、という点です。

マイホームを検討するお客様は、ご夫婦(場合によってはご家族)で、住宅展示場に行ったりして、しっかりとご家族で、話し合って、内容を確認した上で、建築業者と契約することがほとんどだと思います。

それに対して、生命保険は、マイホームの次に高い買い物と言われている割に、ご主人(または、奥様)のみで、保険営業マンと話をして、契約してしまっているケースがほとんど。

つまり、しっかりと検討して,加入していない。

結果として、ムダの多い保険になってしまっている。

なので、マイホームを検討する機会に、一緒に保障内容を確認して、ムダを省き、浮いたお金を住宅ローンの返済分に充当したり、マイホームの仕様アップに当てたりしてもらっています。


上の2つの理由から、マイホームを検討する際には、生命保険のお話もさせていただいているんですね~。


実際の相談現場では、保障の重複を防ぎ、ムダを省き、保険料で毎月15,000円浮いた、なんてことはよくある話です。

住宅ローンの返済額に換算すると、約500万円分です。

知らずに、保険料として払っていたら、ただのムダです。

ですが、その分を住宅ローンの返済に充当できた場合。

実際の負担を増やすことなくマイホームの予算を上げることができたり、返済の負担が軽く済んだりします。

ということで、お客様にも喜んでいただいているんですね~。

これから、マイホームを考えるという人は、生命保険の内容も一緒に確認しましょうね。

場合によっては、今はやりの、太陽光発電システムなんかが、保険を確認するだけで、設置できてしまうかもしれませんので・・・!(^^)!。


それと、マイホームをお考えの人で、マイホームにかかわるお金について、勉強したい人は、コチラもご利用下さい。

マイホームを購入する時に考えるお金の話』セミナー


ではでは、今日も楽しんで行きましょう!!!。


過去のセミナーの様子
【過去のセミナーの様子】


powered by HAIK 7.1.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional