マイホーム計画時に、押さえておきたいお金のお話です!

「マイホーム資金計画、成功と失敗の分かれ目とは?」

「マイホーム資金計画、成功と失敗の分かれ目とは?」

■「マイホーム資金計画、成功と失敗の分かれ目とは?」


ファイナンシャルプランナー(FP)の田村です(*^^)v。

おはようございます。

淡路島は、快晴。

絶好のイベント日和です(*^^)v。

今日の淡路島は、イベント盛りだくさん。

あちこちで、イベントやってます。

ですが、一番はやっぱりコレ。

「城下町洲本レトロなまち歩き」

友人も出店しています。

「四季彩遊和華」さん

「タワーコーヒー」さん

「田村のブログ見た」でオマケしてくれます。

(たぶん。承諾、得てませんが・・・(^_^;))

もちろん、私も出没しています。

見かけたら声をかけて下さいね~。


では、本日のテーマです。

「マイホーム資金計画、成功と失敗の分かれ目とは?」です。

マイホームをお考えのお客様の多くが心配するのが、「資金計画」

その「資金計画」、これまでたくさんのご相談をお受けしてきた経験からひとこと。

それは、失敗する人と、上手くいく人と、に分かれるということ。


そして、その分かれ目のポイントのひとつが、「視点」にあります。

どういうことかというと・・・・。

失敗する人は、「短期の視点(目先の視点)」で考えている。

上手くいく人は、「長期の視点」で考えている。

違い、分かりますか?


失敗する人は、住宅ローンの返済を、「今」、もしくは、「数年先」の生活を基準に、毎月支払っていけるかどうか?の検討で終わっている。

上手くいく人は、住宅ローンの返済を、「今」の生活ではなく、長期、つまり、子供の教育費であるとか、自分たちの老後の生活費等もやりくりできるのか?、しっかり検討して計画を進めている。


電卓

ここで、重要なのは、「しっかり検討して」計画を進めている、という点。

「何とかなるやろ」では、終わらせていないんですね~。


今、マイホームを購入しようとしているのは、20代後半から、30代のご家族。

大学全入時代と言われている今、その教育費は、大きな負担となる。

そして、老後。

少子高齢化年金制度の破たんで等で、今のマイホーム購入世代の公的年金は、アテにできない。

そんな時代の計画で、目先の返済をやっていけるか?くらいの検討で済ます、というのは、自殺行為に等しい。

住宅ローンが返済できなくて、マイホームの任意売却、差し押さえのケース、年々、増えています。

これから、マイホームを購入されるあなたには、そうなって欲しくない。

マイホームの購入についてのお金の不安を解消した上で、ご家族、笑顔で入居して欲しい。

では、具体的には、どうやってその不安を解消するのか?

マイホーム購入で、よりおトクな方法とは何か?

それは、コチラ↓↓↓でお伝えさせて頂きます。


いよいよ8日後に迫りました。

「マイホーム購入時に考えるお金の話」セミナー

10月28日(日)13:30スタートです。

続々と参加のお申込をいただいております。

ご参加のお申込は、コチラからです。


ではでは、本日も楽しんで行きましょう!!

*ヤンキース、イチロー選手、今シーズン終戦です。

残念(T_T)。


ご意見、ご質問、お問い合わせ、お待ちしております。


お問い合わせはコチラ!!!






powered by HAIK 7.1.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional